ワインソムリエ 大西 直子さん

IMG_1722

イタリアンレストラン等、数業態の人気店を日本全土に展開している「パワーアップ株式会社」の幹部として大活躍の大西さん。イタリアへは毎年、社内の方々を連れて研修の食巡りや、様々な生産者に直接足を運んだり、食を常に追求し続けていらっしゃいます。

そんな仕事柄、ご自身がレストランに行った際にも、素晴らしい料理と共に味・価格と満足のいくワインの提案があると『それは本当に気持ちの良い食事、気持ちの良いサービスととらえることが出来る』と感じ、その重要性とご自身が体験した感動を、会社の経営するお店を訪れるお客様にも伝えて行きたいと常に考えていたそうです。

そこで「飲むだけではなく知識として繋がるよう一度しっかり勉強したい。」とAccademia dei viniの運営するAIS認定ソムリエコースの受講を決意。

実際にコースに参加するまでは、Abbinamennto(料理とワインのマリアージュ)」は漠然と『最初は泡、魚は白、肉は赤』と思っていたそうですが、イタリアソムリエ協会の掲げる「食べ合わせのメソッド」を学ぶに連れて、ワイン選びを根拠をもって考えられるようになり、そのことにとても感動されたそうです。

そしてAbbinamentoとは「飲み物と食事が其々を高めあい、決してどちらかが勝つことの無く全体の食事としてとらえるワイン選びである」と強く感じることになったとか。

コースの最中はワインのテイスティングで表現がなかなか上手く結びつかず苦戦が続いた中で、偶然テイスティングしたアリアニコ品種のワインの中に”乾燥したフルーツ”を実際に実感できたときはとても感動されたそうです。

又は「ワインの欠陥」をしっかり理解できたことでご自身の知識範囲が大きく広がり「今まで自分の中で何かおかしいと思っていた事が、理論によって理解をし、実際に体験する事によってしっかりとしたワインの判断基準が出来たときは嬉しかったです。」と、6週間という長いようで短いコース期間中のターニングポイントについても語ってくださいました。

コース期間中にAccademia dei vini主催で開催されたカンティーナ訪問やフランチャコルタの祭典などにも積極的に参加されていた大西さん。「頭に詰め込むだけではなく実際に目で見て体験できたことは楽しい上に忘れられない経験となった」とか。又、滞在先であるレジデンスでは自炊の出来る空間の為、他の受講生の方が作った料理を通じて交流したことなどが心のなごむひと時となり、イタリア開催コースならではの体験をされたそうです。

『何の知識も持ち合わせていなかった自分には、正直簡単な事ではありませんでした。最初の基盤つくりに少し苦労したことや、テイスティング後の睡魔との戦いが厳しかったです。しかしそれ故に決められた期間に習熟していき、結果につなげることによる達成感は言葉にならない位のもの。学生時代から年月を経て、もう一度自分を追い込む良い経験が出来たと感じました。』と コース全体について振り返ってくださいました。

受講を終えて、ソムリエは自分が知識がある事のみが重要ではなく、お客様にご満足いただけるワインをどのように提案できるか、またお料理と合わせて最高の状態で提供できるかが大切であることを実感された大西さん。ご自身が扱うワインはもちろん、より広くの知識が必要だと改めて感じたそうで『今後、自らが接客する機会、店舗扱いのワイン選びはもとより、スタッフへサービスの仕方などを伝えていきたいと考えます。』と更なるレストランサービスの向上への力強い心構えを語ってくださいました。

ご自身のお仕事でもある「レストランでのサービス」に高い志を持たれている大西さんの益々のご活躍をお祈りしております。

−−− プロフィール ---

大西 直子(おおにし なおこ)

Accademia dei vini22期:2013年5月コース

株式会社パワーアップ 専務取締役

HP: http://www.power-up.jp/company/business.html

Exif_JPEG_PICTURE IMG_1855 IMG_1634 IMG_2374 IMG_3992 IMG_3995 IMG_8427 Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Comments are closed.