DOCGワイン紹介/PIEMONTE・ ASTI

イタリアでクリスマスのアビナメントといえば。。。。

Panettone e Moscato d’Asti / Asti spumante (パネットーネとモスカート・ディ・アスティ/アスティ・スプマンテ)です。

今回のDOCGシリーズはクリスマスに欠かす事のできないASTI DOCGについてご紹介します。

3.アスティ DOCG/Asti DOCG

条例の発令 : 省令1993年11月29日(1995年8月14日 修正)、官報 1993年12月7日(1995年9月29日 修正)
生産地域 : アスティ県内29市、クーネオ県内15市、アレッサンドリア県内9市※国家元首令(1932年10月16日)および省令(1932年4月5日)に規定。
使用品種 : モスカート・ビアンコ 100%
タイプ : アスティ・スプマンテ(アスティ)アスティ・スプマンテ(アスティ)メトド・クラッシコ(メトド・トラディツィオナーレ)モスカート・ダスティ

モスカート・ダスティ ヴェンデンミア・タルディーヴァ

特別地区 :(モスカート・ダスティに対してのみ)カネッリサンタ・ヴィットリア・ダルバストレーヴィ
特徴 : アスティ DOCG にはタイプが二つあり、どちらもアルコールをおさえた甘口の発泡性白ワイン。アスティ・スプマンテは、アルコール度数7~9.5%(潜在アルコールの最低度数は12%)のスプマンテ。モスカート・ダスティは、アルコール度数4.5~6.5%(潜在アルコールの最低度数は11%)で、 1.7気圧以下の微発砲性ワイン。 モスカート・ダスティの方が、アルコールにならなかった分の糖分が多く残っているので、更に甘口である。前者はスプマンテ用のキノコ型コルク、後者は通常のコルクを使用しており、またボトルの形状からも簡単に判別できる。何よりもフルーツの香りが強く、モスカート品種の特徴的なセージやオレンジの花の香りが感じられる。ボディは軽くフレッシュなタイプだが、後味が長く口に残る好ましい味わいを持つ。
アビナメント : ブドウそのものの香りや味がそのまま生かされた甘口ワインなので、料理よりもデザートとの相性が良い。 アスティ・スプマンテにはリンゴのスフレやパネットーネなど比較的軽めのもの、モスカート・ダスティにはヘーゼルナッツのケーキやリンゴと松の実のケーキなど、より濃厚なもが適当である。

コース中に使用した Asti DOCGワインと生産者のご紹介

Ceretto    www.ceretto.com

tenute cisa asinari del marchesi  www.marchesidigresy.com


By    Keiko  Tateno

 

 casino onlinecasino onlinecasino onlinecasino online

Comments are closed.