AISソムリエ紹介   横山 航さん

以前、料理と語学留学の為、フィレンツェに渡伊されたことのある横山さん。もともとは東京のイタリア料理店に勤めており、イタリアワインは好きだったそう。料理を作りながら、ワインの重要性を理解しつつも、ちゃんと勉強したことがなかったようで、きっかけと環境を探してたそうです。

そう思っている中、イタリア滞在中の友人にソムリエがいて参考になったこと、友人にAIS卒業生がいて紹介してくれこと等帰国前に丁度タイミングが合い、コースに参加されたそう。

「コースの難易度は丁度良かったですね。元からある程度の事前知識はありましたし、先生の講義のイタリア語も比較的理解できましたから。みんな授業のスピードが速いと言っていましたけど、そもそも7週間という短い期間なので、あのスピードはしょうがないというか当たり前と感じていました。触りだけ教えてもらえばあとは一人で復習できました。覚えるスピードは人それぞれですので、人に合わせるのではなく自分のペースで勉強をしていました。ただちょっと暗記系の多さには苦労しました。あくまでライセンスの習得は入り口ですので、今後も継続して勉強をしていこうと思っています。

週末や授業以外の生活は同期のみんなと復習、旅行、外食、いいワインを買ってのホームパーティ、それとモンテカティーニに来る前はフィレンツェに住んでいたので、フィレンツェの友達と遊んだりと充実していました。なので、そんなに缶詰でがちがち勉強した覚えはありませんんね。コース中の仲間とはいまだに皆と連絡取っていますし、良く会う友人もいます。同期のみんなに会えたことは財産となりました。」

「受講料も安くはなかったですが、短い期間で取得できたのはありがたかったです。その後も有資格者ということで仕事の依頼が増えましたし。現在、東京でレストランを経営していますが、ワインに詳しいお客さんとの会話も普通に出来ますし、ワインが好きだけど詳しく無いお客さんの依頼で、グループレッスンの講師をしたりしています。ワインのコンクールに参加したりするつもりは無いので、資格の活用としては、今のままで満足しています。イタリア料理、フランス料理への理解を深めるため、また自分への自信、自身のワインへの興味のために今後も勉強を継続していきます。お世話になりました、今後ともよろしくお願いします。」とお話してくださいました。

現在横山さんは、東京港区にご自身のイタリア料理店”La capanna”を経営され、本場イタリアで修行されてきた料理と横山さんの選んだワインを堪能する事ができます。是非足を運んでみてはいかがでしょうか。益々のご活躍を応援しています。

 

ープロフィールー

AISソムリエ取得時期:Accademia dei vini12期(2009年10月コース)

高校卒業後、東京の華調理師専門学校(2年生)卒業。

表参道のRistrante da fioreに勤務。

2年後やめて渡伊。語学と料理を学ぶ。

語学取得後、FirenzeのEnoteca pincchiorriで就労。

その後、AISのコースに参加、取得後帰国。

帰国後は東京のOsteria oteroで1年間ほど働き、独立。

2011年5月 東京港区にLa capannaをOpen http://bacchos.main.jp/

 

 casino onlinecasino onlinecasino onlinecasino online

Comments are closed.