Author Archives: Yoko N.

SAKE UK

Sake_01

イタリアでは、”SAKE”(日本酒)はまだまだ食事との組み合わせを考える、というところまでは至っていないようである、イタリア料理との組み合わせを考えなければ行けないわけではもちろんなく、イタリアのなかで少しずつシミをつけるようにひろがりつつある日本料理との組み合わせですら、難しい様に思える。イギリスでは、状況は全く異なっている。

ロンドンは、食文化のひろがり方については、まるで別の惑星にいるかのごとく、世界の他の大都市を見回しても匹敵するものがいない位の、様々なアルコール類の広がりがある。だからこそ、日本酒へもさらに注目が集まっている。何か他のアルコール類の代用に、ということではなく、日本酒について学ぶというレベルなのである。

Sake_Ideogrammaこのプロジェクトの先導は、 日本料理ではなく中華料理レストランの”Hakkasan”グループ。メイフェアーの中心に”Sake no Hana (酒の花)”というレストランが誕生をさせた。陶板焼きや、釜飯、鮨や刺身だけではなく、さらに日本酒を食事との組み合わせまでを取り入れたコンセプトである。結果は驚くべきものであった。予想外の消費の急上昇がみられ、そのセレクトのクオリティの高さが多いに興味を惹き受け入れられたのだ。そして、火がついた日本酒への興味をさらに、発展させるものとして選ばれたのが”日本酒のコース”である。おそらくこの手のものではヨーロッパでは初めてなのではないだろうか。

コース(イギリス人向けマスタークラス)は、8月3日、9月7日、10月5日に酒の花で開催。半日の内容で、米の発酵物である”酒”の説明、水の美しさが如何に重要であるか、そして”toji”(杜氏)の存在の重要性が説明される予定。マスタークラスは梅酒を含む7種の日本酒のガイドテイスティングで締めくくられる。そして、その後”sake”とともに、日本スタイルの料理のランチがつく。価格は60ポンド。

常に新しい事を勉強しておきたいというソムリエ、とくにコンクールに出場を考えている人にとっては、興味深い内容であろう….

AIS Devinsより

Vendita vino online

Vendita_Online_01

フランスがワイン市場について行うリサーチや手法はとても、インテリジェンスであり時として我々がマーケットの傾向を知る為のヒントとして役立つのである。例えば、2013年5月に、Sowine/SSI が発表した調査結果を発表した。この調査は、18歳から65歳までの選ばれた1202人に対して、ワインの購入方法について問うたものである。この調査の目的は、フランスのワイン消費者の購買行動に新しいテクノロジーがどのように影響を与えているかを検証するものであった。

インターネット経由での購買のアプローチのなかでもっとも問題となるのは、新規購入をする時に、実際の購入に進むまでにどれだけ安心感をあたえる情報が得られるかということである。インターネットにより新たな購買層となった人々は、全体の63%、その中でインターネット上に流れる宣伝を信頼するのは、わずか14%、一方で約80%は、インフォメーションのシェアをすることによる、おすすめ情報を必要としている。

ちなみに、同じくインターネット経由の購買層の中で、元々のワイン愛好家は35%、ワインにかなり精通しているエキスパート層は、わずか2%である。

調査によると、2012年と2013年の間で、ワイン購入にあたり、スマートフォンやタブレットなどを通じての購買に大きな差はないとのこと。一方、テクノロジーの世界では、いち早く新たな購入スタイルに向けて、システムを開発する必要がある。再び発表された調査結果を振り返ると、新規の購入者層の80%はワイン購入により情報を必要としている。

 

ここで、オンラインでのワイン購入にあたり、どのようなサービスがあわせて提供されるべきか考えてみよう。約60%の場合は、友人や知り合いを通じての口コミを信頼する、そして、エノテカの情報を元にという意見は約40%、同じくエノテカの情報についていうならば、ワインのエキスパート層では、約20%。続いて、生産者からの情報は、20%、一方でインターネットからの情報は14%を超えない。

このデータは、”選択の際に依存するもの”として読み解くのではなく、選択をするときの”情報の優先順位”として読み解く必要がある。つまりは、新規購買層は、ワインについての知識が自分と同程度の人からの情報をより取り入れる傾向にあり、プロの意見や、活用することができればいいのであろうが、まだ完全に信用はしきれてはいない情報網のもっているポテンシャルを活用しないのである。

最後に、購買の価格について。オンラインでの購入価格帯は、5-10euroが48-51%,5euroまでが、24%、11-20€が、21-22%、一方20€をこえるものは7%.

まとめとして、テイスティングやワインの購入の知識には依存せず、興味深いデータは購入の頻度、つまり購入しないからといって、ワインを飲まないということではないのである。

ほぼワインを買わない消費者層は12%,年に数回購入するの層は39%,月に数回購入する層は36%、残りの13%は、週に数回。先述のように、購入の有無は、消費とは全くと言っていい程関係がない。

このように、データの読み方は視点を変えることにより変化しうる、しかしながら変わらずに存在するのは、より的確な情報と、簡単にアクセスできること、しかしこの点は統計データとして測りとることはできないのである。

AIS  Devinisより

MarsalaWine

MarsalaWine_2013_Sito

7月5日〜7日、シチリア マルサラにてワインイベントが行われます

シチリアのワインはもちろんのこと、イタリア、海外のワインもテイスティング可能。そして、シチリアの食の名産品なども味わえます。

ガイドテイスティングや、講演、クッキングショーなど様々なイベントが繰り広げられる3日間です。

 

サイト www.marsala2013.eu

プログラムによっては予約が必要です

予約はこちらまでtel. 3396648951 – info@ospitalitamediterranea.it

詳細なプログラムはこちらからダウンロードできます

11° STOLLO

Schermata 2013-07-03 alle 14.23.15
毎年おなじみ、ルッカのモンテカルロで行われるワインと食事を楽しむ会!
メニューは去年のものとは違うけど、たぶん2011年のものとは同じ(ほとんど同じってこと?!)
とにかく、星空の下で食べて飲んでの楽しいイベントです
ワインはもちろん、シャンパン!
ボトル数は、150本を予定してます!
POLISY BRUT  DI BEAUFORT
 MILLESIMATO GUY CHARLEMAGNE
などなど……
 “FUSO” – VIA DELLA TINAIA – MONTECARLO – LUCCA にて
7月14日 20:15〜
ご興味のある方は、club@aisjapan.itまでお問い合わせください

Insoliti vini 世界のワイン

products1

オランダ

ブドウよりもチューリップを栽培するのにより適した気候(湿度が多すぎ、寒すぎる)かのように思える。ここ20年で、約100のワイン生産者が誕生した。品種は、例えば、オーストリアやドイツのようなのJohanniter や Solarisのようなカビや寒さに強い交配品種を使っている。オランダの生産者いわく、ワインつくりの障害になっているのは、品質ではなく、生産コストだというのだが…?!

日本

日本でのブドウ栽培は16世紀に遡る。しかしながら、歴史のなかでの大きな飛躍はその後起こらなかった。グローバル化により、味覚の変化、ワインの味はどうあるべきか、またどうあるべきでないあか、という感覚もここ10年で変化し、国内のワインから、国際的なワインに注意が向けられている。山梨県では、甲州(地域品種)の栽培がされている。少し離れているが、Melon de Bourgogne種に似てると言えない事もない。とてもデリケートなミネラル感、ニュ-トラルなごくごく軽いフルーツのトーンが香りとして感じられる。酸は軽く、後味はほろ苦さがあり、寿司との食べ合わせに理想的だとのこと。

チュニジア

フランスのワイン畑の延長として、長いこと知られている。いずれにしても、ブドウ栽培の歴史はカルタゴ人の時代まで遡る。チュニジアには、ワインを作るのに適した土壌と太陽がある、しかし宗教的な要因で、1950年の独立以降、企業が国の管轄下に入ったときを境にその活動はとどまっている。現在は、少しずつ投資の機運が高まり、長い休息の時を経て、いくつかの企業が、国際市場に挑戦を始めている。しかしながら、いずれにしてもそれ以外はまだ現地のツーリストでの消費で終わってしまう。残念ながら”チュニジア産”は少ししかない、プロヴァンス、またはラングドックの延長のようなブドウ栽培が多い。例えば、ぶどう品種でいえば、Carignan, Mourvedre 、Grenacheなど、それからスペインまでいって、 PedroXiménezなど。北アフリカの太陽は、ワインのアルコール度数に大きな問題はもたらさない、場合によっては香りと酸味を失ってしまうリスクがある。実際に、新しいブドウ栽培家の懸念は、最低限のラインとして白ワインをつくる可能性を失ってしまうのではないかということで、いずれにしてもロゼワインが最近は増えてきている。

カーポヴェルデ諸島(アフリカ西)

この地の、ブドウ栽培に関する誤解はさらに大きい、なぜなら作られるワインの数は160,000本/年、テイスティングをするのには十分な数と言えるからである。ブドウは、フォゴ島の古い火山の高原で栽培され、Chã と Sôladeという二つの組合がある。ブドウ栽培と、ワイン造りのスタイルはポルトガルスタイプ、一方土壌は火山性、日中は熱く乾燥していて、夜は寒く程よく湿度がある。それにより、ブドウ栽培には適した環境がうみだされ、この地を訪れる観光客が月を眺めながらワインを楽しむだけではない。主要な品種の1つはMuscatel。アルコールは、14度を超える事が多く、それにより味のバランスが少しとれていないと感じられてしまう場合もある。ここ5年程の間に、イタリアのコンサルタントにより、アルコール度数の与えるアンバランスをより整えるべく試みが行われている。

アイルランド

アイルランドの空は、太平洋の雲と光があるが、同時に大きな雨雲に覆われている。Fiorella Mannoiaの歌にもある様に、アイルランドでのワインづくりは、歴史が短い。一方で、移住者たちにより作られたワインの歴史がある。17世紀に遡り、ボルドー、コニャック、ロワール地方への移住を考える事ができる。今日では、その流れをくむものが、Lusk,CorkのAmurなどで、ワイン造りが試みられている。とはいえ、まだ多くのリスクがあり実験的な段階、しかし、この地の湿度が下がる事はなく、夏期の雨が減る事もない。ここでのワイン造りは空想の域をでないであろう。

http://www.aisitalia.it/insoliti-vini.aspx

Zola Jazz&Wine 2013

Zola_Jazz_and-Wine

5月23日から、開催されているZola Jazz&Wine が間もなく終了。

ボローニャ、エミリアロマーニャ州の後援によりZola Predosa町で行われているこのイベント、ジャズとワインのテイスティングが楽しめます。

最後となる、7月5日は、21:30-からCa’ La Ghironda–ModernArtMuseumでスタートです。詳細はサイトをご確認ください。

www.zolajazzwine.it

31ª Giornata del Sommelier – Roma –

pinot-grigio

31回 ソムリエDay -ローマ-

7月1日 ローマHotel Rome Cavalieri にて以下のイベントが行われます

16:00-21:00  Friuli Venezia Giuliaのワインテイスティング

フリウリヴェネツィアジュリア州の選りすぐりのワインが集結。62社が出展、夏にふさわしい白ワインが揃う。ワインだけではなく、サンダニエーレの生ハムや、DOPのチーズ モンターシオなども揃う予定。

ワインテイスティング出展社: Aquila del Torre – Bastianich – Borgo San Daniele – Bortolusso – Butussi – Cà Bolani – Casa Zuliani – Castello di Buttrio – Castello di Spessa – Castelvecchio – Collavini – Colle Duga – Di Lenardo – Drius – Ermacora – Livio Felluga – Marco Felluga Russiz Superiore – Fiegl – Gigante – Gradis’Ciutta – Il Carpino – Jermann – Kante – Edi Keber – La Roncaia – La Tunella – La Viarte – Le Due Terre – Le Vigne di Zamò – Lis Neris – Livon – Magnas – Meroi – Petrucco – Petrussa – Picech – Damijan Podversic – Aldo Polencic – Pradio – Doro Princic – Paolo Rodaro – Ronchi di Cialla – Ronco Blanchis – Ronco dei Tassi – Ronco del Gelso – Schiopetto – Scubla – Renzo Sgubin – Skerk – Specogna – Tenuta di Angoris – Tenuta Luisa – Tenuta Villanova – Tomadoni – Toros – Valchiarò – Venica – Vie di Romans – Villa Russiz – Volpe Pasini – Zidarich – Zuani

予約不要: AIS会員は友人や顧客など同伴者を伴っての入場可能。グラスは会場に用意されています。

17:00-19:00  LE ESPRESSIONI DEL PINOT BIANCO IN FRIULI VENEZIA GIULIA

フリウリヴェネツィアジュリアのピノビアンコ   価格:10€

フリウリヴェネツィアジュリアを代表するピノビアンコを10種、比較テイスティングします。ピノビアンコ、ブドウ品種のアロマがニュートラルであるからこそ、テロワールの”伝道者”ともいえるほど、育てられているフリウリヴェネツィアジュリアの様々なテロワールの違いを表現してくれる、そんな違いを楽しみます。

テイスティングに使用するワイン:Castello di Spessa – Doro Princic – Drius – Isidoro Polencic – Roberto Picech – Ronco Del Gelso – Tenuta Luisa – Toros – Venica&Venica – Volpe Pasini

要予約:費用10€. 予約、支払い方法についてはAIS ROMAまでお問い合わせください。

その他、19:30- ルイジ ヴェロネッリによるトークイベントなども予定されています

Hotel Rome Cavalieri  Via A. Cadlolo 101  00136 Roma

詳細はAIS HP EVENTをご参照ください

Rosé, eppur si muove 

Rose_Statistiche_2011_01

ロゼワインは、今年もまたボルドーで終わったばかりの展示会Vinexpoとワイン愛好家の注目を浴び続けている。気になるニュースをいくつか紹介しよう。

2011年の世界の中での主なロゼワイン生産国を示した地図をみてもらうと、もともとワインをつくっていた国々、それからニューワールどちらもピンク色をしている。さらには、北アフリカの国にまでもひろがっている。ワインサーチャーによると、ロゼワインの消費量は驚くべき上昇にあり、世界をみていても過去2年でこんなに消費量があった年はないという事がわかる。

いくつか、実際のデータをみてみよう。2002年ロゼワインの消費量は、18,2百万ヘクトリットル、2011年には、22,4百万ヘクトリットルと、その上昇率は、20%。同時期で、ワイン全体の消費量の上昇は6,1%、ということでいずれかのタイプのワインのマーケットを奪ったことになる。Vinexpoの、ロゼワインの消費の最新のデータによると、ロゼワインの消費量は全体の10%以上の位置することをほぼ確立、特に過去数年では驚くべき成長率であった。

Rose_mappa

ここで、疑問として持ち上がってくるのは、ロゼワインにより明確なアイデンティティーをあたえること、特にその残糖質である。アメリカでは、ブラッシュワイン(薄い色合いのロゼ)の70%は、20gの残糖質を含む。ドイツの生産者の5%は寒い気候でつくりだされる、強い酸味とバランスを保つ為に、糖を残すことを行っている。

フランス、スペインでは3/4は、残糖質を含まない。イタリア出は、比較のベースとして残糖質を対象とすること自体あまり行われないのであるが、イタリアのロゼワインづくりということになると、スタイルとしては、フランスやスペインのスタイルと同じと言えるであろう。

こういう比較をしてくると、いくつか例外てきなケースも出てくる。例えばチュニジア。もちろんワインの消費量はとても少なく、わずか年間2,3リットル。そのなかであって辛口のロゼが非常に人気、消費の62,5%を締める。ウルグアイでも同じような状況で、一人当たりの年間消費量は、25リットルだが、そのうちの60%をロゼが占める。しかし、消費量でいうならばフランスがトップ。世界のなかで作られているロゼの三分の一がフランスで消費されている。 13%がアメリカ、7%がドイツである。

イタリアはあまりロゼに対して大きな関心はない様に見えるが、今後は上昇していくであろう。しかし、生産という意味でいくならば世界の80%は、フランス、スペイン、アメリカ、ドイツで占められている。

AIS Devinisより

 

 

2013年 オーストラリアのVendemmia

Barossa_Valley_01

今年の収穫のテーマは、まるで「早熟、短期での収穫」。ブドウの生産量は、東部での熱風と、西部での強すぎる雨の影響でやや少なめ。

南部、ヴァロッサヴァレー、マクラーレンヴェイル、クレアヴァレーでは、一例をあげるならば、干ばつに悩まされ生産量は減少。しかしながら、ワインは非常に凝縮感のあるものになるだろう。灌漑量をうまく調節した生産者は安心、アルコールは高くなりすぎず、酸も感じることができるだろう。品質の面で、非常にいい出来が予想されているのは、リースリング。赤ワインでは色が非常に濃厚で、香りは複雑性に富み、味わいでは、タンニンがしっかりと主張するけれども、そのワインの”個性”と表現できるにとどまり、決してアグレッシブすぎる事はない。シラー、カベルネソーヴィニヨン、グルナッシュノワールのできが楽しみである。

ヴィクトリア、ヤラヴァレー、ジロングでは、スプマンテ用のブドウは2月10日、スティルワイン用のブドウは、2月15日頃に始まった。2年”寒い”気候での収穫が続いた後の、暑い年となった今年は、「量」ではなく、「品質」を追求するように求心。中には、30%減のケースもある。シラーは、品種の特徴の表現、精錬を重ねる中でのポテンシャルという意味で、品質でのスーパースターと目される。カベルネソーヴィニヨンは、長い間お目にかかることのなかったような条件でお目見えするかもしれないし、ピノネーロに至っては、特にスパークリングづくりで、非常に興味深い感覚が期待される。一方白ワインは、少し困難な状況。その中でも、シャルドネは、すこし熟したフルーツの様な感覚が強調されるものの、その風味とエレガンスは失われず、あと味は、トロピカルフルーツのアロマ。

マーガレットリヴァーは、今や自ずからオーストラリアのワインづくりにおける一片となったと言える。ここでも、ぶどうの成長度合いは特に白ブドウで簡単ではなかった。他の地域と同じように、生産量は十分ではない。しかしながら、収穫期の気候条件が理想的だった為、その影響が未来のワインにみられるであろう。セミヨンは苦戦、しかしシャルドネはフルーティーでフローラルな香りが豊富になり、風味と包み込むような味わい、口の中での持続性はエレガントさを存分に感じられる。カベルネソーヴィニヨンは、最高の状態で味わえるであろう。複雑でワクワクするような香り、植物のような香りに近づきすぎないフルーティーさ、ミネラル感とかすかな爽快感。そして、バリックによる熟成。苦みとざらつきのない、”甘く”ジューシーなタンニン。ボディーは、力強いが決して筋肉質ではない。とにかく、飲み口の良いワインになるであろう。

 AIS Devinisより

Ornellaia社 プレゼンテーション

1017110_471326976275349_2068481623_n

22期 Accademia dei vini 「AIS認定ソムリエ養成コース」において、日本でもその品質の高さで名前を知られている生産者「Ornellaia/オルネッライア社」のワインセミナーが開催されました。

年3回イタリアで行われる、日本人向けAIS 認定ソムリエ養成コースコースで毎回、セミナーを行っていただいているインポートマネージャーのGiovanni Mazzoni氏。いつものように、情熱あるプレゼンテーションで生徒の皆さんを魅了。情熱に支えられた、「品質を重視した妥協のないワイン作り」を、プレゼンテーションと、ワインテイスティングの両方から、しっかりと感じる事ができました。

プレゼンテーションを始める前に、デカンタージュをして、ワインを開かせてから行われるテイスティング。日本で味わったことのある、受講生からは、「日本で味わった時には、よりかたさのある味に感じたけれど、こうして飲むと、よりエレガントに感じる」との声。ソムリエとして、ワインを頂くときの、準備/サービスの重要性をも学ぶ機会となりました。

7月に入り、試験を終えた後には、実際にOrnellaia社のワイナリー訪問を予定しています。ワイナリーでは、プレゼンテーションでうかがったフィロソフィーを存分に感じる事ができるでしょう。

H.P./  www.ornellaia.com